今宵も


今宵も残業 (;゜∀゜)
がんばろー

スポンサーサイト

帰ってきた~

おみやげ~

ダーが10日間の出張から帰ってきた~
自堕落LIFE終了 (`・ω・´)


こっちゃんは父ちゃんらぶなので
めっさご機嫌
ベタベタして離れない



うーちゃんは
「誰?このオジサン誰?
母ちゃん、これからこのオジサンと一緒に暮らすの?」と不安げ

このオジサン
アンタを拾ってきた父ちゃんだから!
┐(´∀`)┌


このチーズケーキめっさ美味しい~
アタシも東京行きた~い


熱愛!?


(*゜Q゜*)
マジ?
二階堂ふみ!?
受け入れがたい・・・(ノ`△´)ノ


バンメシ


本日、これ食べて残業
┐(´д`)┌


省吾・・・ごめん・・・


省吾・・・ごめん・・・中古を買ったアタシを許して・・・
いや、こんなアタシを許さないで・・・
こんなアタシを責めてよ、省吾!


あー、妄想止まんねーな




つい、デキゴゴロで中古に手を出した・・・
でも一気に3枚でウレシイ

ヤングの頃に覚えた歌たちは
50になってもそらで歌えるもんだね・・・ふふふ・・・不思議な感じ



1984年の写真集


あったぁぁぁぁ!!!

レコードたちは実家に置いてきたけど
この写真集は引っ越しの度に毎度毎度大切に持ち歩いてたらしい(笑)

そーいえばと思い立ち本棚を探したら、ハートカクテルと一緒にあった(笑)
20151024001834318.jpg
やぱしコレも31年前・・・

20151024001242713.jpg
か・かわいい(///∇///)

20151024001449337.jpg
か・かっこいい(///∇///)

断捨離がうまくいかないってのもイイな、こんな素敵なこともあるんだな(笑)


コメント欄

20151023232427817.jpg
昨日、めずらしく木曜に仕事休みだったティコとランチ
ガツンとドリア(笑)
ティコと会うのは運命の日(笑)の10月1日以来

ティコには発表しといた
「気づいてると思うけど
アタシ、あの日
帯広市民文化ホールに入る前のアタシと
3時間後に文化ホールから出た時のアタシは
ぜんぜん別人になったから」と(笑)

夢中になれるモノがあるのは良い!良い!と
なんか豹変したアタシを受け入れてくれました(笑)


今、浜省中毒にかかり
かかったというか再発
50歳っちゅ-遅咲きの狂い咲きで
むさぼるように(←なんかやらしい)
CD聴いたり
なめるように(←なんかヘンタイ)You Tube見たり
いろんなファンの方のブログ見たりの日々


浜省ファンに悪い人はいないという
根拠なき自信のもとに
喜々としてコメント入れて
返してもらい感激している自分(笑)


約30年の空白を埋めるのに焦ってるようでもあり
優しいコメント返され
長~いブランクがなんだか心地よくも感じられ(笑)


で・・・
キャサリンブログのコメント・・・
ひっそりと再開してみよおっかなと・・・


2014年6月11日まではフツーにあったコメント欄
この日を境に閉じちゃいまして・・・

この日は仕事が休みで
通院していた歯医者さんの待合室でスマホからブログをUPして

治療が終わり、歯医者さんから出た5分後くらいに母から電話がきて
この日、突然父が亡くなって・・・


今、気が付いたんだけど
文字にするととても短い出来事・・・


ケッコーこたえた

アタシ、お父さん大好きで・・・
ダーから「俺よりお父さんのほうが好きでしょ」と言われてたくらい
大好きで・・・
休日はお父さんとランチデートとかゆー
気色悪い親子関係では決してないのだけれど

パーキンソン病と診断がついた矢先の心筋梗塞・・・

パーキンソン病
この先、何年も何十年も
この病気と上手につきあいながらいくんだと
思っていたときだったから・・・

その後もアタシは元気で
飲んだり、食べたり、旅行に行ったり、ライブに行ったり・・・
いつも通り、というかいつも以上に精力的に楽しんでて
ブログにもUPしてるんだけど・・・

コメント欄はなかなか再開できず・・・
一方的に発信するのは少なからず武装できるというか・・・

てゆーとたくさんコメント来るブログみたいだけど
べつにそんな来ないんだけど(笑)
しかも人のブログにはフツーにコメントしてたけど(-。-)y-゜゜゜


でも・・・
なんかこー
常に
≪うつってこんな風に進行していくのかもな・・・≫とさえ感じるような
気持ちの奥底はなかなか元気にはなれず・・・


でもでも
いつまでもんなこと言ってられんし
浜省熱再燃で
コメントってやさしいなぁと思ってしまったし
ひっそりと再開してみよっかなと思っております。


とりあえず今宵もなめるようにYouTubeで浜省見ます(≧◇≦)


広島


本日ダーは出張で広島

広島!
広島はアタシが行かなきゃでしょ!
とか勝手なことを思いながら
録画したSONGSを何度も眺めて
萌え~とかうなりながら
酔っぱらうなう(笑)


浜省の出身地まで行きたくなるという
まぁ、症状のひとつだな (-.-)y-~




あの時、浜省はなんて言ったの?

めっさ長文、チューイして

先日、31年ぶりの浜田省吾コンサート
感動・感激しながら客席で
(席って言ってもノリノリだったんでほとんど座ってないけど)
アタシはあることを思い出していた(えっ、小説風?)


31年前(1984年)北海道厚生年金会館(今のニトリなんちゃら)での
浜田省吾コンサートにアタシは彼と行った

厳密に言うと(いや、別に厳密に言わなくても)彼じゃない
付き合ってないから彼じゃない

だってその人には彼女がいたから


彼のことが大好きで
彼もアタシのことを憎からず思ってくれていて


でも、彼には彼女がいて


でもアタシたちはいつも一緒にいた・・・
だってアパートが同じだったから(笑)

入学と同時に初めての一人暮らし。
アパートの大家さんが
「●●号室に同じ大学に通ってる先輩がいるから、
わからないこととか色々おしえてもらうといいよ」と言われ、
それぞれの田舎から出てきて同じアパートに入居した小娘3人は
彼を頼りに札幌暮らしをスタートさせたんだぁ・・・なつかしい・・・

彼は浜省大好きで
アタシも中学から浜省が大大大好きで
ソッコー意気投合して


サークルも同じとこに入り
いつもいつも一緒にいた


でも、彼には彼女がいて


アパートが同じでもなにもしてない
彼女とは進学で離れてしまい遠距離で
アタシとは同じアパート
でもアタシとはなにもしてないんだよねぇ
信じられないような話なんだけど
なにもしていない

してないし・・・
キスすらしてないし・・・
手も握ってない・・・いや、うそ・・・手くらいは・・・

でも、彼には彼女がいて


手だけでも悩み、苦しむんですよ・・・ふたりとも・・・
だって彼には彼女がいるから(しつこい?)

まじめなふたり(笑)

悩み、苦しみ、
彼はよく浜省の曲「陽のあたる場所」のようだと言ってました
この歌の主人公には妻?恋人?がいるんだけど別な恋もしていて・・・って歌詞で

あの頃、「陽のあたる場所」聴いて何度泣いたことか・・・

歌の世界に自分を投影って、随分と滑稽なんだけどその時は真剣(笑)

(男のズルさ諸々の突っ込みどころ満載ですがスルーでお願いします 笑)


そんな頃にふたりで浜田省吾コンサートへ行き
(1984年のツアー)

終了後ふたりでススキノへ
忘れもしない村岡ビルのジャングルというお店
(だと思う)
(忘れもしないと言ってるわりに記憶があいまい・・・)

「よかったね~」
「カッコよかったぁ」
「あの曲やったねぇ」とか
話しながら飲んでたら(10代なのに(;'∀')

数人の男性が入店、その中のひとりが

あっ


そうです!浜省です!浜田省吾です!


アタシ「絶対そう!絶対浜省!間違いないよ!」
彼「ま、まさか・・・」


どーしよー
マナーのいいファンでありたいという思いはちゃんとあり
でも、でも、でも・・・

しばらくして浜省ひとりでトイレへ

アタシついて行きました。
彼から「浜省じゃなく、ちゃんと浜田さんて言えよ」と
指導され、ど緊張でロボのような歩きで行きました。

19歳のアタシは今の50歳のアタシのような図々しさもなく
声をかけるのは一生分の勇気がいりました

でも、がんばりました
トイレに入る前の浜省に声をかけました

アタシ「浜田さんですか?」
浜省「はい、そうです」

中坊の頃から聴き続けていた大好きな大好きなあの声でした

アタシはキャッともヒャッともつかない小さな声を発しなから
両手をパーにして自分の口をふさぎ、
同時に一歩後ろに下がりました

浜省はアタシのその一連のぶりっこ動作を瞬時に完コピです(笑)
浜省が両手を口に当て、一歩後ろに下がったんです!
思わず笑っちゃって緊張がほぐれました。

アタシ「コンサート行きました!」
浜省「楽しかったですか?」
アタシ「はいっ!楽しかったです!」
浜省「ありがとう」
握手してもらい席に戻りました。


席に戻って報告すると
彼だって大ファン、じっとしておれずトイレへ

しばらくして浜省が戻ってきて、彼もその後戻ってきて
「浜省が使った便器をオレも使った」と嬉しそうに話してました(笑)


それから数日後、彼がポツリと言ったんです
「実はあのとき浜省に聞いたんだ。
陽のあたる場所って本当にあったことですか?って聞いたんだ」と。


先日の31年ぶりの浜省ライブの最中そんなことを思い出していました
ライブ終了後飲みに行った屋台でティーコにも話しました
「でも、浜省はなんて言ったのか、そこだけがどうしても思い出せない・・・」と。

えぇぇぇぇー、そこ思い出してよぉぉぉぉ
そーだよね、そこが肝心


でも
次の日、仕事中にふいに記憶がよみがえって・・・



アタシ「浜省はなんて言ったの?」
彼「うん、そのうちな・・・」

そうだ、彼はおしえてくれなかったのだ



その後、何度か「あの時、浜省はなんて言ったの?」と彼に聞いたことがある
でもいつも「うん、そのうちな・・・」だった


その答えがとんでもないものでアタシが記憶から消した・・・とかではなく
たぶんおしえてもらえないまま
彼とはお別れしたんだと思います

今思うと「そんな芸能レポーターみたいなこと聞いたの?」
とも思うけど
いっぱい悩んで誰かに正解を教えてもらいたかったのかな・・・とも思う
正解なんてないのにね・・・


あの瞬間だけでもいっぱい悩んでくれてありがとう
お互いいっぱい苦しみましたね(笑)

浜省聴かなくなったのも、
はじめは
思い出して切なすぎて聴かないというより
聴けなくなっていたのかも・・・

50歳にもなれば
あれはあれで幸せだったとはっきりそう言える
人生毎日が学習(笑)

浜省がなんて言ったのか、知らないままでいいや・・・


さわやかなおにいさんだった彼も52歳かぁ
さわやかなオッサンなのかな・・・


50歳にもなると
どーでもいい
悪い意味じゃなく、
良い意味でいろいろとどーでもいい

これから31年分取り返す
浜田省吾にどっぷり浸ろう
浜省、変わらない場所にいてくれてありがとう
20151014023017779.jpg
くぅぅぅぅ、かっこいぃぃぃぃぃ
かっこいいままでいてくれてありがとう



怖かったかな・・・

20151014091313861.jpg

昨日、会社のヤングmiyake君がアタシのPCのこれを見て
「浜田省吾好きなんですかぁ?」

アタシ「大好きっ!」

ヤングmiyake君、おびえるように無言で走り去りました。
どーやらアタシの「大好き!」が魂が入りすぎて暑苦しかったようです(-_-;)
22歳のmiyake君には ぜい肉を震わせながら「大好き」と言ってるオバチャンが怖かったのでしょう。

これからの人生まだまだたくさんの怖いオバチャンと接することでしょう。
強くたくましく生きてほしいと願うばかりです・・・。



会社のPC

20151014091313861.jpg
会社のPCのデスクトップも浜省にしちゃった


仕事中うっとりしちゃって
もー、ほとんどビョーキです(笑)


浜田省吾

20151008175341994.jpg
ツアートラック カッコよすぎ(≧◇≦)
あぁ、1週間たってしまった・・・。

注意:ケッコーな長文!こーゆーブログ書く人ってキモいと思ってるんだけど
アタシもぉ完全にそっちの人になってるから(笑)


この1週間ブログも更新せず、なんかもーもーもー、
ずーっと興奮状態とゆーか、
ポーっとしてるとゆーか、
なんかココロが1週間前から動けないとゆーか・・・

1週間前の10月1日、
行ってきました、浜田省吾!!!
帯広市民文化ホール
ライブ、いや浜省風に言うとコンサート


浜省のコンサートは6回目、そして31年ぶり


興奮を文章にしたくても、興奮しすぎて文章にならず1週間(笑)


素敵、すてき、ステキ、もぉほんとに素敵すぎた。
(ここでまたアタシのボキャブラのなさがにくいにくい・・・)


31年ぶりの浜省は62歳になっていたけど(アタシは50歳になっているけど)
20代、30代の頃と変わらず、いや、それ以上にスゴくて
アタシは完全にやられた(≧◇≦)

なんかこービシビシ伝わってくる感じ
これが一握りの選ばれし者だけが持って生まれたカリスマ性というヤツですねっ!

それにしても
人はそぉ簡単には変われない、変わらない、変わる必要もないね
だって
浜省聴いてると50歳のアタシは10代の頃のアタシと寸分変わらず
浜省の書く愛ある歌詞にひきこまれ、
浜省の曲を聴いて「あぁぁぁ、もぉぉぉ、これだぁぁぁ」とうなり
浜省の色っぽい声がたまらなく好きで
ついでに言うならあのタラコ唇がなにより大好物
アタシ50歳になったけど中学の頃となにも変わらない(笑)それでいい!

会場はめっさアダルトだった(笑)
そしてやはりオトコ多め!
アタシたちおばちゃんの「きゃー」という黄色い声援より
(てゆーかもぉ若干薄茶色の声援)
おじさんたちの「ショーゴぉぉぉぉ」のほうが多かった気がする

入場はスマホでQRコードと身分証明書 近代的(@_@。
20151008190429270.jpg
会場で入場の身分証明チェックのお手伝いしてたミセスマスちゃんも
おじさん多かったと言ってた


ミセスマスちゃん32歳だったかな・・・
浜省世代からするとかなりヤングな世代
「悲しみは雪のように 歌わなかったね、代表曲なのになんで???」と言ってた。

アタシは5日間ほどして気が付いた(遅すぎじゃね)
そだ、浜省聴かない人にとってはきっと浜省は1発屋なんだ!と。
誤解を恐れずに言うならば浜省は1発屋じゃなくてゼロ発屋かも・・・

それでいいのだ(バカボンか)
ファンだけが知ってる無数の名曲、それでいいのだ

彼のラブソングが大好きだ
初めて聴いたのは中学生の時。
NHK帯広放送局でやっていたラジオFM夕べのひとときから流れてきた「片想い」

もぉその日から完全にどハマり

アルバムもたくさん買ったなぁ
今も実家にあると思うけど
どれもCDじゃなくてLPレコード

31年ぶりの浜省、あんなに聴いて、聴いて、聴きまくっていたのに
振り返ればずいぶんとまぁ長い間離れていたな・・・

レコード買い続けていたんだけど・・・アルバムJ.BOYまではあるんだけど
曲単体ではJ.BOYもちろん大好きなんだけど
・・・でもアルバムJ.BOYあたりからかなぁ・・・聴かくなくなったなぁ

(J.BOY=もぉマニアにしかわからん話になってきたな)
(マスちゃん、J.BOYってジュノンボーイのこと?とヤングらしい素朴な疑問を抱いていたけど
JAPANESE BOYです・・・たぶん・・・ジュノンスーパーボーイコンテストの歌とかではないです・・・たぶん。)

アルバムJ.BOYあたりから社会派とゆーか、メッセージ色が濃いとゆーか
そんな曲がメインになってきたように感じてしまい・・・

それよりアタシ自身がバブル期のチャラいOLに成り下がり
硬派な浜省と距離ができたとゆーのもあり・・・

そんな浜省を聴かないここ数十年ではあったが
今回のアルバム「旅するソングライター」の前に
数年前ポツンとハマった曲がある

「君に捧げるlove song」
その頃の職場の有線で流れて「気になる・・・」と言ったら同僚がソッコー翌日には
「彼氏がCD持ってるんで・・・」とMDにアルバム初秋を入れてくれて

これがまた奥さんが死んじゃう歌で
もぉもぉ涙が止まらくて・・・でも音楽聞くのってタイテー通勤の車の中で
かなり運転に支障をきたす状況
でも、なんかじわぁぁぁっとくるもんで
相当リピで聴いたな・・・でもすんごい泣けるんで注意が必要!


アルバム「旅するソングライター」すんごい好き!
正直、62歳になった今もこんなラブソング書くんだぁとびっくりしたし、めっさ感激した
やっぱり浜省のラブソングが好きだ!


10代の頃聴きまくったものを聴きたくてたまらん衝動にかられ
でもレコード聴けるプレーヤーないから昨日TSUTAYAでCD借りた(笑)
興奮さめずどしても色々聴きたくなってしまった
この症状はまだまだずーっと、ずーっと続きそう

50歳のアタシでまた浜田省吾を聴きたい

20151008181616078.jpg
コンサート帰りはティーコと屋台へ
同じく浜省帰りのご夫婦もいて、よかったね、よかったねと
熱く語り合う(笑)

はぁ、また行きたい。
次の浜田省吾コンサートを励みに生きていこう(^◇^)
ファンクラブ入っちゃおっかな・・・。

オータムフェスト おまけ編(笑)

オータムフェストから帰った翌日
仕事から帰るとクロネコヤマトの不在通知


えぇぇぇっ!?
オータムフェスト様から???

アタシ忘れ物したか???
落とし物か???

中身はコレ

そーだった、そーだった
応募したんだった!!!



ホテル宿泊とかチーズとかワインとか
色々応募したけど
当たったのがラーメンて…我が家らしい(笑)


美味しくいただきました

オータムフェスト写真日記⑤ー⑤

10月になっちゃったけど
9月16日~17日
ティーコとの1泊2日
オータムフェスト食い倒れツアーの最終章!(笑)

きんちゃんさんに
伏見あたりから大通まで運んでもらったあとは
またティーコと合流


ほんのちょいとビルの中にいたものの
なんせ天気よく、青空で、風もなく
気持ちよすぎるんで
またもやオータムフェスト会場へ(笑)

グラスに青空写ってる~(°▽°)


この2日間ほんとに快晴に恵まれてシアワセだった!

少しつまんだら駅の方へ移動しよぉかぁ

なんて言ってたけど
なぁんか気持ちよすぎて・・・

もぉJRの時間までオータムフェストだな!!(笑)
ってことになり

結局ボトルでワイン(笑)




まぁ、2日目も飲めるようにと
帯広駅へはタクシーで行ったので
ココロおきなくアルコールもいただく(笑)


激混みの会場には
たぶん70代かなぁって感じの
人生のセンパイなおばあちゃん2人組が
楽しそうにワインを飲みながらオシャベリしていて
思わず盗撮(笑)

ボトルこそ頼んでなかったけど
どんどんグラスが増えていって
カッコよかったな

アタシたちの目標だわね!と誓う(笑)
夜の飲み屋じゃなく、青空の下ってのが
またイイんだよねぇ

そんなことを語りながら、
食べながら、飲みながらしているうちに
日は落ちて




テレビ塔に別れを告げ駅に向かう


帰りのJRではソッコー爆睡
ティーコに起こしてもらわなったら
釧路で起きたかもな (>.<)y-~



楽しい、美味しい旅でした

最新記事
カテゴリ
プロフィール

キャサリン

Author:キャサリン
北海道 十勝に住む
パートのおばちゃんキャサリンです。
ダー(ダンナ)とねこのこっちゃんと
うーちゃんと暮らしています。
日々のこととか、旅のこと、美味しかったこと、浜田省吾さんのこととかゆる~くUPしてます。どーぞよろしくお願いします(一▽一)

最新コメント
月別アーカイブ
こっそりメールしたくなったら

名前:
メール:
件名:
本文: